十紀夫語録

打田十紀夫オフィシャル・ブログ

Flower

九州巡業 Part 1から戻りました!

01「九州巡業 Part 1」から無事戻ってまいりました。小倉「フォークビレッジ」博多「御縁屋」熊本「Piano Bar Two-Five」吉井町「蛭子町珈琲店」長崎「Jimmy’s GRACELAND」大分「f sound Cafe」と回ってライヴを開催いたしました。ご来場の皆様、開催にご協力下さった皆様、本当にありがとうございました!(右は、長崎ライヴで山本さんが撮ってくれた写真) 九州は、「Part 2」として12/8~11の日程で鹿児島高鍋宮崎に伺います。どうぞよろしくお願いします。

03旅先での写真を何点かあげておきます。左は、プロレス愛好家弁護士の知名先生と、博多の屋台でプロレス談義しながらラーメン中の1枚。知名さん、ライヴの入場の際のプロレス風アナウンスもありがとうございました! 右の写真は、「フェローギター」でお馴染みのルシアー高崎さんご夫妻と工房にて。04パロエスクリトという材をサイドバックに使った、完成したばかりのギターを弾かせてもらいましたが、素晴らしいサウンドでしたよ。ちょうどこのギターをオーダーされていた方が引き取りに来られていましたが、私が持って帰りたかったです(笑)

今回も各地で美味しいものをたくさん頂きましたよ~。その中から何点か写真をご紹介しておきます。まずはラーメン編。左から小倉「一龍」の「ぶっかけラーメン」。「ぶっかけ」ってどんなのかなと思って注文したんですが、つけ麺の濃いスープをぶっかけたラーメンでした。続いて、泥水クン&洋子ちゃんと食べた「黒龍紅」の熊本ラーメン。これまでの熊本ラーメンと少し趣が違いましたが、とても美味しかったです。地元の泥水クンも「初めて食べる味」と言ってました。大分「別府手ごね冷麺 ふくや」の「野菜冷麺」。別府が温泉以外に冷麺でも有名だと初めて知りました。実は、ツアー中この他にもラーメンはもっともっと食べています(笑)。全部アップすると切りがないのでこの辺にしておきます。
05  0607

続いてご飯もの編にいきましょう。左から博多「喜水丸」で食べた「喜水丼」。お店の名前を冠した、毎日30食限定の高級丼。東京にいる時は、牛丼に60円の玉子を付けるか迷う私が、旅先だと大胆になりますね(笑)。次が、熊本「馬タン牛タン」で食べた馬丼(大盛り)。馬だけあってこれは旨い! そして、諫早の老舗「福田屋」の鰻。永久にご飯を食べ続けられるほどの最高の美味しさ! 山本さん、ありがとう~。
08  0910

さらにお料理編もいっちゃいましょう。まずは、熊本でMさんに御馳走になった「アジの刺身と馬刺の盛り合わせ」。いや~ぜいたくでした~。最後帰る際にひと切れ残っていたのが今でも悔やまれます(笑)。吉井町「蛭子町珈琲店」の打上げで頂いた地元の厳選素材を使ったお料理ローストポーク。ナチュラルなテイストで、身体にも優しくとても美味しかったです! こういった料理を食べていれば、今の私のように痛風にも高血圧にも絶対ならないでしょうね。
11  1213

14ここまで書いて思いましたが、私のブログはさながらグルメ・レポートになってきちゃいましたね。なので、口直しにひとつ左の写真を。長崎の雨音ちゃんにもらった、イヤホンジャックに差し込む携帯用プラグチャーム、覆面レスラーバージョンです。カワイイでしょ(笑)。さて今週末は、下記のように長野と白山でライヴ開催です。お近くの皆様、ご来場お待ちしております!(詳細はこちらで。)

●12/3 (土) 長野・コンサートホールみすず
●12/4 (日) 白山市・ポンポロプーF&Pホール

まもなく九州ツアー。12月も目白押し!

 気が付けば、今週の金曜日(11/18)から九州ツアーが始まるではないですか! いやはやバタバタしていると本当に時間の立つのが早く感じます。今年の九州ツアーは、下記スケジュールのように2回に分けて開催です。独自のアレンジで童謡・唱歌・民謡を取り上げたCD「どこかで春が」収録の日本の曲から、ブルース、オリジナルまで、お笑いトークと共にお届けいたします(笑)。お近くの方は是非ご来場下さい!(詳細はこちらで。)

2016-11-kyushu<九州ツアー(Part 1)>
●11/18 (金) 小倉・フォークビレッジ
●11/19 (土) 博多・御縁屋
●11/20 (日) 熊本・Piano Bar Two-Five
●11/22 (火) 筑後吉井・蛭町珈琲店
●11/23 (水祝) 長崎・Jimmy’s GRACELAND
●11/24 (木) 大分・f sound Cafe

<九州ツアー(Part 2)>
●12/8 (木) 鹿児島・Live Heaven
●12/10 (土) 高鍋・ドルフィー
●12/11 (日) 宮崎・ライブハウス絃

2016-12 12月には、長野・白山(石川県)・広島・紀宝町(三重県)でもライヴが入っています。まだまだ先のことと思っていましたが、もう来月ですので、こちらも告知しておきます。伺うのがとても楽しみな街ばかりです。どうぞよろしくお願いします!

<「どこかで春が」発売記念ソロ・ライヴ>
●12/3 (土) 長野・コンサートホールみすず
●12/4 (日) 白山市・ポンポロプーF&Pホール
●12/23 (金祝) 広島・Humming Bird cafe
●12/25 (日) 紀宝町・music cafe フォークス

2016-12-24artpoint 12/24 (土) には、大阪の「studio art point」にて、「Fingerpicking X’mas」も開催です。宮崎で農業と音楽を両立させている天満俊秀クン、カリプソをとことん探求し続けている岡山の土師剛クン…私のプロデュースでCDをリリースしている彼らと一緒に盛り上げたいと思います。前半が天満クンと私の生徒さんの演奏、後半が3人のライヴ、フィンガーピッキングどっぷりのクリスマス・イブというのもあっていいのではないでしょうか(笑)。皆さん、ご来場お待ちしています! 終了後、その場で打ち上げしますので、是非ご参加下さい。天満農園の新鮮な野菜もお試しいただける予定です~。

<Fingerpicking X’mas>
●12/24 (土) 大阪・studio art point
<第1部> 生徒ライブ(TAB大阪校&art point 合同発表会)
<第2部> 打田十紀夫、天満俊秀、土師剛によるライブ

 バタバタしていると本当にあっという間に時間が過ぎてしまって…。そういえば、先日は阿佐ヶ谷「Harness」で浜田隆史クンとのライヴもありました。たくさんのご来場、本当にありがとうございました! 20代の頃からの付き合いですので、二日間ウチに泊まった彼とは昔話にも花が咲きました。ステージ上でも色々いじってゴメンね(笑)。M子さん、いじり写真(下の真ん中)ありがとうございました。

Exif_JPEG_PICTURE 2016-11-9_22016-11-9_3

 で、このところバタバタしていたのは何かというと…。12/17に発売になる打田十紀夫直伝! アコースティック・ブルース・ギター 目からウロコの楽ネタ大全 (CD&DVD付き)の校正作業に追われていました (しかし長いタイトルですね・笑)。abg-taizenこの本は、2002年に初版が発行されたCD付き教則本「なんちゃってアコースティック・ブルース」を「同・DVD版」と合わせて加筆・大判化して、ブルース奏法の集大成的な内容に仕上げた増補改訂版(なんと192ページ!)なんです。楽譜&音源&映像と三拍子揃って学ぶことができる教則本ですよ。TABネットショップでもお取り扱いする予定ですので、どうぞよろしくお願いします!(発売元のリットーミュージックHPでの紹介ページはこちら

上大岡、楽器フェア、岡崎ジャズ2デイズ!

 上大岡ライヴ、2016楽器フェア・デモ演奏、岡崎ジャズストリート2デイズ…ライヴ4連戦が無事終了し、東京に戻ってまいりました。多くの方と、楽しくエキサイティングな時間を過ごすことができ、感謝の気持ちで一杯です。

Exif_JPEG_PICTURE 初日(11/3)は、上大岡「クラークスデール」でのライヴ。ロバート・ジョンソンが悪魔に魂を売った十字路があったとされる地名がお店の名前だけあって、雰囲気も最高のブルース・バーです。今回で4回目のライヴでした。たくさんのご来場、本当にありがとうございました! OAも務めてくれたマスターの菅野氏、今回も大変お世話になりました! 右上写真は、ライヴからのワンショット。02帰りしな最後まで残って下さったお二人にギター3本運び姿を披露(4本までは楽勝に持てるんですよ・笑)。左写真は、マスターを加えてそのまま記念ショット。

 翌日(11/4)は、お台場で開催された「2016楽器フェア」モリダイラ楽器ブースにて、モーリス・ギターを用いたデモ演奏。お集まり下さった皆さん、ありがとうございました! 下の写真は、当日のデモ演奏の様子です(真ん中の写真は、カメラマンの深町さんが撮ってくれた写真)。
04   0506

03 左の写真は、私のシグネチャー・モデル(Morris SC-123U)の製作者、森中巧氏と、長年お世話になっているモリダイラ楽器大阪支店長の末吉氏とで記念ショット。右は、07同じくモリダイラ楽器ブースでデモ演奏をされていたクロマチックハーモニカ姫、山下伶ちゃんと記念写真。可愛いルックスとダイナミックな演奏で、おじさま方はメロメロでしたね、私も(笑)

 翌11/5からいよいよ「岡崎ジャズストリート」出演です。今年が11回目の開催となる「岡崎ジャズストリート」は、ジャズ界で活躍されているプロ・ミュージシャンが多数集まり、街中でライヴが開催される本格的なJazzの祭典です。私は二度目の出演です。以前四国ツアー中に、ギターを4本運んでいる私に、昨年亡くなられた前「岡崎ジャズストリート」会長の同前さんが声をかけて下さったことがありました。その日の松山ライヴにもご来場下さり、ライヴを観て下さったことが切っ掛けで、ありがたいことに出演の機会を頂きました。

 写真は、私が出演する11/5の会場「Funky Goog Time」のライヴの様子(左が1回目、右が2回目)。雰囲気のある素敵なお店で、たくさんの方がご来場下さり、満員の中ライヴをすることができました。皆さん、本当にありがとうございました! 次の写真は、お店のマスターのアキラさんとの記念写真。ポーズでお分かりの方もいらっしゃるかも知れません(笑)が、なんとマスターは熱狂的なアントニオ猪木信者、片や私は狂信的なジャイアント馬場信者。伝説のBI砲がここに復活です(笑)。私の2回目の出演直前に、昭和プロレスについて16熱く語り合っていたら、危うく出演するのを忘れかけました(笑)。右は、「Funky Good Time」ライヴのスタッフの皆さんと撮った記念写真。大変お世話になりました!

 岡崎ジャズ2日目(11/6)の会場は「葵丘(ききゅう)」。2014年の出演時も演奏した素敵な会場です。この日もたくさんのご来場、本当にありがとうございました! 光栄なことに、同前会長の奥様もご来場下さいました。お忙しい中、本当に感謝です。下の写真はライヴの様子です。皆さん、私のトークにもしっかり受けて下さり、演奏も熱心に聴いて下さいました。嬉しかったです!
Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 この日の1回目のステージの際、いつもご夫婦でライヴに来て下さっていたNさんが今回奥様お一人で「?」と思ったら、ご主人様は昨年亡くなられたとお聞きしました。ギター好きだったNさんの優しい笑顔はずっと忘れませんよ。奥様ご来場ありがとうございました! 15左写真は、最後に葵丘(ききゅう)ライヴのスタッフの皆さんと撮った記念写真。皆さんに本当に親切にしていただきました。岡崎ジャズストリート2日間でお会いしたたくさんの方々と、また再開できる日を楽しみにしています!

 さて次のライヴは11/9(木)浜田隆史クンとの阿佐ヶ谷「ハーネス」ライヴです。その先には九州ソロ巡業も控えています。皆様、どうぞよろしくお願いします!

<打田十紀夫&浜田隆史 ~Blues, Ragtime & Beyond~>
●11/9 (木) 阿佐ヶ谷・Acoustic Live Bar harness

<九州ツアー (その1) ~『どこかで春が』発売記念~
●11/18 (金) 小倉・フォークビレッジ
●11/19 (土) 博多・御縁屋
●11/20 (日) 熊本・Piano Bar Two-Five
●11/22 (火) 筑後吉井・蛭町珈琲店
●11/23 (水祝) 長崎・Jimmy’s GRACELAND
●11/24 (木) 大分・f sound Cafe

ツアーの詳細はこちらで。

東北巡業、千秋楽!(南三陸町編)

2016-10-23_1 東北巡業もいよいよ千秋楽を迎えました。この日は、一般社団法人「コモンズ」の黒川さんが盛岡まで車で迎えにきてくれ、南三陸町へ連れて行ってくれました。黒川さんは平成13年の金沢ライヴにご来場下さった御縁で、今回のライヴを企画して下さいました。本当に感謝です。南三陸町は、2011年の東日本大震災の大津波でもっとも大きな被害を受けた地域のひとつです。会場の「コミュニティ・カフェCommons」に到着すると、お店を切り盛りされている内海さんが素敵な笑顔で迎えて下さいました。2016-10-23_2復興への長い道のりの中、大きな悲しみと大変なご苦労を乗り越えて、前向きに進まれている地元の方々の姿に感銘を受けました。私自身が勇気づけられる思いです。左写真は、左から三線を弾く黒川さん、内海さん、私、PAをやってくれた内海さんの息子さん。

Exif_JPEG_PICTURE 右写真は「Commons」ライヴの様子。ご来場の皆さん、本当にありがとうございました! 皆さん、熱心に聴いてくれて、私の親父ギャグにもたくさん笑ってくれました。左写真は、ライヴ終了後、“チーム痛風”の皆さんと談笑。勝手にExif_JPEG_PICTUREこんなネーミングしてスミマセン。厳密に言うと、痛風は私を含め2人だけです(笑)。皆さん、建築や地元の産業を通して、復興に尽力されています。この写真では、私は痛風予防のため水を飲んでいますが、もちろんこの後、打上げで日本酒モードに突入しました〜。

2016-10-23_5 泊まったホテルは「南三陸ホテル観洋」。このホテルは震災の際、被災者を受け入れ援助し続けたホテルとして知られています。そんなホテルに泊まることができてとても光栄でした。右はホテルの窓からの写真。海がとても奇麗で、露天風呂も最高でした。東京へ戻る日、Exif_JPEG_PICTURE黒川さんにくりこま高原駅に送っていただく途中で、南三陸町の仮設商店街「さんさん商店街」でお土産を買って、その後“チーム痛風”メンバー(痛風の張本人)おススメのラーメン屋さん「みよし」へ。うーん、さすがの味! 2016-10-24_2美味しかったです! 右写真は、TAB女将おハルが頼んだ「中華そば」の並。私と黒川さんは「大盛り」を注文。メニューには「超大盛り」というのもあったので、そっちにすべきでしたね(笑)。次回来ることができれば「チャーシューメン」か「味噌特製ラーメン」を「超大盛り」で注文したいです。

 10/15の高崎から始まった「東北巡業 part 2」。村上、弘前、青森、宮古、盛岡と回り、最終日10/23の南三陸町まで、各地で多くの方々と素敵な時間を過ごすことができました。皆様には心から感謝いたします。またお会いできる日を本当に楽しみにしています!

東北巡業、後半へ!(宮古・盛岡編)

2016-10-20_1 青森から電車を乗り継ぎ、長時間かけて宮古に着いてホテルに荷物を置いた後、真っ先に向かった先は…そう!「たらふく」。宮古に来たら必ず食べにいくラーメン屋さんです。ここのメニューは右写真のように「中華そば」のみ。そして、その中華そばも左写真のようにまさに「シンプル・イズ・ベスト」そのもののビジュアル。思わずごく2016-10-20_2ごく飲みたくなる優しい味の澄んだ魚介系スープ、麺も独特の食感で、一度食べたら病み付きになること間違いなし。宮古にはもう一件「福」というお店も名店で、もちろんそちらにも伺いました。2016-10-21_1右写真の「チャーシューワンタン麺」を注文しました。ツルツルしたワンタンが印象深く、とても美味しかったです!

 宮古ライヴはいつもお世話になっている「カントリーズcafe」で開催。マスターの伊藤さん、今年も大変お世話になりました。Yクンのお母さん、美味しいお酒ありがとうございました。Sさん、ビールたくさんご馳走様でした。震災で被害に遭われ、いまだ仮設住宅に住まれているTさん、元気になられて嬉しかったです! ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました! 記念写真撮り忘れた〜(T_T)。

2016-10-22_1 翌日は、左写真のようなのどかな景色を見ながら宮古から盛岡まで高速バスで移動。でも、ところどころ、台風10号の影響でなぎ倒されたと見られる木々もあり、被害の大きさも窺えました。2時間15分ほどで盛岡に到着すると、毎年盛岡ライヴを企画して下さる岡村さん、川原さんに迎えていただき、さっそく盛岡の人気ラーメン屋さん「たかみ屋」へ(笑)。2016-10-22_2右写真が私の食べた「チャーシューワンタンメン」。実はこの日からTAB女将おハルが合流したためスープ完飲は阻止されましたが、さすが名店です。美味しかった〜! しかし、私は本当にラーメンが好きですね。我ながら感心します(笑)。

Exif_JPEG_PICTURE 今年の盛岡ライヴは、初めてお世話になる「アルディラ」で開催。左写真はライヴの様子(女将がいるのでここからライヴ写真があります)。右はライヴ終了後の記念写真。このツアーで最も女性率が高かった!(笑) Exif_JPEG_PICTURE右手前は、素晴らしいブラジル音楽でオープニング・アクトを努めてくれた千葉幸成さん。ご来場の皆さん、岡村さん、川原さん、千葉さん、大変お世話になり、本当にありがとうございました!

さて、翌日はいよいよこの巡業の最終ライヴ、初めて伺う南三陸町へ。(つづく)

東北巡業、中盤戦!(弘前・青森編)

2016-10-18_1 東北巡業、弘前は毎年お世話になっている「アサイラム」でライヴ開催。ご来場の皆様、いつも応援してくれる皆様、本当にありがとうございます! 左はマスターの斎藤さんと店の前で記念写真。「アサイラム」は渋くて粋なお店ですが、マスターも同じく渋くて粋です2016-10-18_2斎藤さん、大変お世話になりました!大荷物抱えてのひとり巡業ですので、たいてい写真はラーメンと風景くらいしか撮れないのですが、この日は山田ペコちゃんが演奏写真を撮ってくれていました(右写真)。

 

2016-10-18_3 ペコちゃんはその昔島村楽器で仕事をされていた時にお世話になった方ですが、今は地元の弘前で独立されてお仕事をされているキャリアウーマン。当然弘前のラーメン事情にも精通していて、遅くから開店するラーメン屋さんが最近オープンしたとの情報を教えてくれました。2016-10-18_4という訳で、ライヴ終了後ペコちゃんとそのお店「特製中華そば・しょう」に参上しました(笑)。食べたのは「チャーシュー麺」。チャーシューがとろっとろでとても美味しくて、弘前の名酒「豊盃」の特別純米酒も飲んじゃったので、とてもいい気分でホテルに戻りました。

 

2016-10-19_1 翌日は奥羽本線で青森へ。私は今回の巡業でも完全無欠の晴れ男ぶりを発揮していて、左写真のように青森ベイブリッジと青森湾がとても奇麗でした。ホテルに荷物を預けてプラプラしていると、駅にあるレストラン「つがる路」の前の大きいメニューに気になる謳い文句が。2016-10-19_2“青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」…もう、これは食べるしかないなと入店(笑)。煮干し系がメインの青森でこんなラーメンとは意外だなあと思いましたが、とても美味しかったです(右写真)。

 

 青森ライヴは初めてお世話になる「Bar ミモザ」で開催。ギター好きのおじ樣方を中心に、音楽好きの女性の方もご来場下さり、私も楽しくライヴできました。10年以上前のTABの生徒さんやいつもお世話になっている神戸「アップルギター」の篠原クンの弟さんまで、意外な方もご来場下さり、嬉しい驚きもありました。皆さん、本当にありがとうございました!

 

2016-10-19_3 マスターの黄河さんは、青森でのプロレス興行のお手伝いもされており、色んな団体のレスラーをはじめ関係者の方々ともお付き合いがあるんです。左がマスターとの記念写真。私が手にしているのは、12/6に青森産業会館で開催される「全日本プロレス・世界最強タッグ決定リーグ戦」のチラシです(「ミモザ」でチケット扱っていますので、青森の方、是非! 白熱の試合が続出ですよ!)。2016-10-19_4そんな訳で、ライヴ終了後は遅くまでプロレス話で盛り上がりました。おまけに、ご近所の行きつけのラーメン屋さん「つがるや」にも連れて行ってもらいました。全日本プロレスさながらの王道ラーメン「煮干しらーめん」を頂きました(右写真)。美味しかった〜!

 

2016-10-20_1 さて、東北巡業も残すは3会場。今日は青い森鉄道、JR八戸線、三陸鉄道北リアス線を乗り継いで、途中強風で電車が遅れたりしましたが、無事に宮古にたどり着きました。天気がよかったので、途中電車から撮った太平洋が奇麗でした。明日(10/21)からの下記のライヴ、お近くの皆さん、どうぞよろしくお願いします!

●10/21 (金) 宮古・カントリーズcafe
●10/22 (土) 盛岡・Sound Space Aldia(アルディラ)
●10/23 (日) 南三陸町・コミュニティカフェcommons
※ツアーの詳細はこちらで。

“第二次”東北巡業、始まりました!(高崎・村上編)

 “第二次”東北巡業が始まり、まずは高崎村上でライヴを開催しました。厳密に言うと、どちらも東北ではないですね(笑)。

2016-10-15_1 初日の高崎ではホテルにチェックインした後、gohクンがホテルに迎えに来てもらい、向かう先は…そう、ラーメン屋さん(笑)。ところが、gohクンのオススメのお店がちょうど中休みの時間で、行く店、行く店がことごとく閉まってます。ラーメン以外の選択肢もあったのですが、こうなるとなんか意地でもラーメンを食べたくなり、結局その時間でもやってた博多ラーメン「ばりきや」に行くことに。群馬県で博多ラーメンかぁとも思いましたが、写真の「ばりこてめん」美味しかったです。もちろん替え玉しましたよ〜(私より26歳も若いgohクンがしてないのに・笑)

 高崎ライヴは2年ぶりとなる「青春の詩」で開催。ギターを弾く小学生、中学生からオジサンまで幅広い年齢層の方々がお集まり下さいました。ご来場の皆さん、本当にありがとうございました! キングレコードからリリースされた『どこかで春が』収録曲を中心に演奏し、最後は成長著しい若手ギタリストgohクンとのセッション…私自身も楽しかったです。打上げでも豪華刺し盛りで、これまたエンジョイ! 高橋マスター、本当にお世話になりました!

Exif_JPEG_PICTURE 2016-10-15_22016-10-15_3

2016-10-16_1

 翌日は、新潟県の村上へ。米どころ新潟に入ると、写真のような風景が広がります。村上ライヴ「楽屋」で開催。マスターの青山さんによると、今回が通算10回目とのことですから、「楽屋」そして村上の街には思い出がたくさんあると同時に、「帰ってきた」的な懐かしさも感じます。ずっと応援してくださる方々もいらして、本当に嬉しいです。たくさんのご来場、ありがとうございました! 青山さん、今回も大変お世話になりました! 2016-10-16_2実はこの日知ったのですが、ライヴによく来て下さったマーヒーさんが昨年ご病気で亡くなられたとのこと。打上げでもご一緒して楽しく飲んだことを思い出しながら、マーヒーさんに捧げた演奏もしました。心からご冥福をお祈りします。写真は、後ろに村上駅が見える素敵なステージ。

 村上には行きたいラーメン屋さんが何店かあって、翌日は迷ったあげく自分的には村上No.1の「ちくに」へ。お客さんが並ぶお店なので、ホテルをチェックアウトした後、息急き切って駆けつけたら、なんと私が一番乗り。

2016-10-17_1 開店まで1時間待って注文したのは、写真の「肉そば」。待っただけの満足度も大きかったです(笑)。私のラーメン・ランキングの基準は、美味しいだけではなく、独自性も重要なポイントなんです。「ちくに」のラーメンは、初めて食べる人は絶対「え?」と思うほど、麺が柔らかいんです。でも、その柔らかい麺がスープと驚くほどマッチしていて、それは実に計算された柔らかさなのです。老夫婦で運営されているお店ですが、ずっと続けてほしいです。

2016-10-17_2 “第二次”東北巡業はまだまだ続きます。今日は、先日の“第一次”巡業で伺った酒田と秋田を通過して、弘前にたどり着きました。「いなほ5号」の車窓からは、写真のようにやや憂いのある日本海が広がっていました。明日からの下記のライヴ、お近くの皆さん、どうぞよろしくお願いします!

●10/18 (火) 弘前・アサイラム
●10/19 (水) 青森・BAR MIMOSA
●10/21 (金) 宮古・カントリーズcafe
●10/22 (土) 盛岡・Sound Space Aldia(アルディラ)
●10/23 (日) 南三陸町・コミュニティカフェcommons
ツアーの詳細はこちらで。

“第一次”東北巡業、無事終了!

 今年の東北巡業は、諸々の事情で2回に分けて各地を回ります。まずは、十和田・仙台・酒田・秋田と回った第一弾から無事戻ってきました。今回も、とても楽しく美味しい巡業でした。各会場にご来場下さった皆様、ライヴ開催にご協力して下さった皆様、本当に心から感謝申し上げます!

2016-10-7_1 今回は平日スタートのツアー(初日が金曜日)でしたので、東小金井から東京駅までの電車が混んでて大変でした。なんせギター3本とスーツケースという大荷物をひとりで運んでいますからね。ラッシュではないにしろ朝の9時台の中央線はまだまだ混んでます。無事東京駅に到着するとホームで、幡ヶ谷時代に通った某油そば店の渡辺さんから声掛けられました。やっぱ、こんな荷物(左写真)持って歩いてたら目立ちますね(笑)。渡辺さん、見つけてくれてありがとうございます。今は東京駅近くのお好み焼き屋さんにいらしゃるとのこと。食べに行きたいなあ。

 初日は十和田「キューダスS」。マスターの工藤さんは、昨年までは「ハミングバード2」というお店をやられていたのですが、店を閉められたと知って「もう十和田にライヴに行けないかなあ」と思っていました。そしたら、なんと新しく「キューダスS」として再開されたと連絡を頂きました。2016-10-7_2十和田で今年もライヴができて嬉しかったです。打上げでいただいた十和田名物「バラ焼き」、とても美味しかったです! マスターからもらった黒ニンニクを毎日一粒ずづ食べてその後の旅も元気一杯でしたよ。翌日、今年も長谷川さんが八戸まで車で送って下さり、とても助かりました。皆さんに感謝です!

 翌日は仙台「サテンドール2000」でライヴ。昔からずっとお世話になっているお店です。この日の予報は雨だったのですが、持ち前の晴れ男パワーで雨を見事に止めました。ご来場者ほぼ全員がギター弾きで男性、しかも最年少が48歳という実に濃厚なライヴでしたが、私はこんなムードも大好きで楽しくやらせていただきました。おじさま方、熱い声援ありがとう〜(笑)。仙台在住の東工大時代の同級生も来てくれました。私の変わり果てた姿を楽しんでいただけたと思います(笑)。

2016-10-8 左写真は、ご来場下さった庄子さんにいただいた世界ジュニアヘビー級のチャンピオン・ベルトのミニチュア模型。このシリーズでPWFヘビー級とアジアタッグのベルトは持っているんですが、これは持っていなかったので嬉しいです。庄子さん、ありがとうございました! ちなみに、私が本物を巻いた写真も右に挙げておきます。champion-beltこれは4年半前にKAI選手がチャンピオンだった時に撮ったものです。その昔は渕正信選手の代名詞のようなベルトでしたので、これは新旧王者に挟まれて撮った貴重な写真なんです。思わず「誰の挑戦でも受ける!」と言ってみたものの、誰も挑戦してきませんでした(笑)。

2016-10-9_1 次の酒田までは、仙台から高速バスで移動。3時間半のバスの旅でしたが、ポコパンやってたらあっという間でした。しかも、最後の方は左写真のように貸し切り状態で結構くつろげました。酒田に着くやいなや、毎年オープニングを務めてくれているロケット☆ホッパーのけんにぃ&リエちゃんの車に乗り込み、向かうはもちろんラーメン屋さん(笑)。2016-10-9_2今回は全国的にも名高い「ケンちゃんラーメン」。メニューは中華そばの「小盛」「普通」「大盛」だけでしたが、せっかくなので「大盛」を注文。けんにぃの「小盛で一般的な量ですよ」という言葉が気になっていましたが、出てきてビックリ! 右の写真をご覧下さい。左がけんにぃの頼んだ「小盛」、右が私の「大盛」…想像以上の大きさに一瞬たじろぎましたが、もちろん完食!

2016-10-9_3 酒田ライヴは毎年お世話になっている「Blues HIRO」で開催。遠方から駆け付けてくれた方々もいらして、とても嬉しかったです。伊藤クン、昔の「月刊ゴング」ありがとうね~。左写真は、打上げでロケホのみんなと記念写真。飲んで食べて語って楽しい打上げでした。2016-10-10_1ヒロさん、本当にお世話になりました! 右写真は、翌日行ったこれまた酒田の名店「新月」で食べた「チャーシューワンタン麺」。まさに王道を行く正統派の酒田ラーメンでした。

2016-10-10_0 酒田から秋田までは週末だけ走るという「きらきらしらかみリレー号」という電車に乗ったのですが、出発の際駅員の皆さんがホームでお見送りしてくれました。わざわざありがとうございます。ただ、一人くらい女性駅員がいてくれたらもっと嬉しかったなあ(笑)。

 第一次東北巡業の最終日は、秋田「Happy-Dream」でライヴ。とてもゴージャスで素敵な会場です。ところが、仙台から会場宛に送った商品が届かない事態が発生。送り状に間違った日にちを書いてしまったのが原因でした。そんな中、山手クンがヤマト運輸の配送センターまで車を飛ばしてくれて、無事持ってきてくれました。山ちゃん、本当にありがとう! 三田村さん、ご心配をおかけしました。そんなこともあって写真を撮ることも忘れてしまいましたが、素敵な環境でのライヴ、とても気持ちよかったです。馬場さんのテーマ曲ほか、入場時の演出も感謝です。第2部の入場でスタン・ハンセンのテーマ曲がかかったので、リング(ステージ)に転がり込んだら足を痛めました。58歳を実感してます(笑)。

2016-10-11_1 翌日、東京へ帰る前にやはり寄ったのが「末廣ラーメン本舗」。毎年必ず寄るお店で、今回は大盛りを生玉子入りで注文(右写真)。このお店は、ネギ入れ放題というのが嬉しいですね~。それに、店内に貼ってある張り紙には、ここのスープには“血管をしなやかにし、動脈硬化を防ぐ”コラーゲンがたっぷりと書いてあります。ほら、以前撮ったSuehiro-2左の証拠写真でご確認下さい。スープを飲むことが許されるヘルシーなラーメンなんです(笑)。

 第一次東北巡業を無事終えましたが、さっそく今週末からは東北巡業の第二弾が下記のスケジュールで始まります。お近くの方は是非ご来場下さいますよう、よろしくお願いいたします。お待ちしてますよ〜!

<東北巡業 第二弾>

2016-10touhoku

●10/15 (土) 高崎・フォーク酒場「青春の詩」
●10/16 (日) 村上・楽屋
●10/18 (火) 弘前・アサイラム
●10/19 (水) 青森・BAR MIMOSA
●10/21 (金) 宮古・カントリーズcafe
●10/22 (土) 盛岡・Sound Space Aldia(アルディラ)
●10/23 (日) 南三陸町・コミュニティカフェcommons

ツアーの詳細はこちらで。

GO AROUND JAPAN 2016へ出演しました!

2016-10-2_1先日「ゆうパークおごせ」で開催された野外音楽フェスティバル「GO AROUND JAPAN 2016」へ出演しました(右写真はポスター)。昨年までの「JAPAN FOLK FESTIVAL」が名称を改め、さらにスケールアップしての開催でした。思えば、昨年の出演のときは、その直前のツアーでの暴飲暴食がたたって、かなりハードな痛風が左足に発症していたのでした。元気一杯の若者がたくさん出演する中、杖をついてステージへ出るという、まるで再発見されたブルースマンのような登場でした(笑)。今回は問題なし! ドロップキックを復活させられそうなくらい元気でした。

 

広い「ゆうパークおごせ」には、野外ステージが全部で8つ設置されていて、その全てで素晴らしいアーティストたちが素敵なステージを繰り広げていました。出店もあちこちにたくさん出ていて、なんと人力車まで。痛風出てる時には便利かも。いや、そもそも乗ることができないか(笑)。とにかく、会場中がこのフェスを楽しみに来場された人でにぎわっていました。雨が少し心配されたのですが、超晴れ男」の私が出るからか、下の写真のように「超晴天」。下の右写真は、応援に来てくれた小松夫妻、岩原クンと、出番まで日陰で一休みしているところ。なんか、みんなアウトドアが似合わないなあ(笑)。
2016-10-2_2  2016-10-2_32016-10-2_4

 

そして下の写真のように、お天道様の下で健康的に(?)ブルースを演奏。2011年のミシシッピーでの「WABG ロバジョン・フェス」を思い出すなあ。場所は「Fire Stage」というステージです。聴いて下さった皆さん、本当にありがとうございました! ブルースに加え、新CD「どこかで春が」から童謡も弾きました。CDも買っていただき感謝です。下の右写真は私のステージの後、声をかけてくれた“若者”武田駿平クンと記念写真。彼はこのフェスに出演している「雨先案内人」のギタリストで、TABサムピックを愛用してくれているとのこと。末永〜く、TABサムピック使ってやってね〜。

 Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE右写真は、「16 Stage」で開催されていた「815(ハチイチゴ)」のノブと宇海ちゃんの元気いっぱいのライヴ。幡ヶ谷にTABオフィスがあったときの下の階のライヴハウス「36°5」を運営されているお二人です。そもそも、昨年そして今年と私がこのイベントに出たのは、ノブから声をかけてもらったからです。TABは東小金井に引っ越してしまったけど、今後もよろしくね! シンガーソングライターの代々木原シゲルさんとノブが中心になって企画しているこの「GO AROUND JAPAN」ですが、こんな大規模のイベント開催はそれは苦労が多かったことと思います。本当にご苦労様でした!

 

Exif_JPEG_PICTURE自分の出番も終わりお腹が空いたので、出店でたこ焼きを買おうとしたら「素敵な演奏でしたね」とお店の方が声をかけてくれました。なんと、私のライヴを聴いて下さったとのこと。しかもご主人は私の教則ビデオもお持ちだというではありませんか! ひえー、ありがたい。たこ焼きがとても美味しくてペロッと食べちゃったら、追加で1パック、サービスしてくれました! ありがとうございました! 左写真は、ご主人と美人の奥様(たぶん)との記念写真。

 

さて今週末からは「東北巡業2016」が始まります。ツアー先で暴飲暴食しすぎて痛風が出ないように気をつけないとね。でも、ちょっとくらいは暴飲暴食したいなあ(笑)。とにかく、お近くの皆さん、是非ご来場下さい! お待ちしています!

<打田十紀夫・東北巡業 2016 ~『どこかで春が』発売記念~>
2016-10touhoku10/7 (金) 十和田・キューダスS
10/8 (土) 仙台・サテンドール2000
10/9 (日) 酒田・BLUES Hiro
10/10 (月祝) 秋田・LoungeBar Happy-Dream
10/15 (土) 高崎・フォーク酒場「青春の詩」
10/16 (日) 村上・楽屋
10/18 (火) 弘前・アサイラム
10/19 (水) 青森・BAR MIMOSA
10/21 (金) 宮古・カントリーズcafe
10/22 (土) 盛岡・Sound Space Aldia(アルディラ)
10/23 (日) 南三陸町・コミュニティカフェcommons

ツアーの詳細はこちらで。

男五十八、本気!

1-3guitars-suitcase「バースデー・ライヴ」ツアー、無事終了しました。昨年までは、随分とサバを読んだ自称年齢で祝っていただいてたのですが、かなり無理が出てきたこともあり、今年から実年齢にて開き直りました。40歳から58歳へ、大幅に成長を遂げたのでした。というか、いきなり老けました(笑)。それでも、相変わらず左写真のような格好で巡業していますよ。しかも、台風がいくつも発生する中、今回も全て晴天! 年老いてますます晴れ男ぶりを発揮しました。

初日は、昔からお世話になっている町田「万象房」。下の左写真はライヴの様子。今年もたくさんの方が集まってくれて本当に感謝です。斎藤ヒロシさんがいつものようにOAやラストのセッションで盛り上げてくださり、恒例の寄せ書きも! 「男五十八、本気」いいすね〜。アフターで行ったカラオケも楽しかったです。やよいちゃんと目を見つめ合って歌った「昭和枯れすすき」、、、血が騒いだなあ(笑)。
Exif_JPEG_PICTURE3-banshobo-2

 

4-slow-blues

翌日は名古屋「Slow Blues」。何回もお世話になっているお店ですが、初めて伺った11年前は2階、その後5階に移り、今年から1階と、同じビルで何度か引っ越しをした老舗です。音楽好きの方々から、ギター製作家の日比伸也さんのお弟子さんまで、幅広い世代の皆さんで満員になり感激です! 右写真は、日比さんの作った竪琴を弾くセレナさんと記念写真。まさに美女と野獣ですな(笑)。

静岡「Living Room」もいつもお世話になっているお店です。マスターの岩科さんと初めてお会いしたのは2005年。静岡で開催された「Martin Club コンサート」に出演したとき、斎藤誠さんと打上げで伺ったお店で仕事されていました。独立される際に声をかけていただき、それ以来ライヴをさせていただいています。ご来場の皆様、本当にありがとうございました! 下の写真は、打上げで頂いたバースデー・ケーキと私。美味しかった〜。
5-shizuoka-16-shizuoka-2

 

「バースデー・ライヴ」シリーズのラストは、浜松「なんでモール」。浜松に到着すると、今年もマスターの花村さんが連れて行ってくれました、鰻の名店「康川」へ。ご飯も大盛りにしてもらって思い残すことないほどの幸せを感じました(笑)。ご覧のように完璧な完食!

7-hamamatsu-18-hamamatsu-2

 

9-hamamatsu-4

浜松ライヴ開演時の入場は、恒例のジャイアント馬場さんのテーマ曲「王者の魂」で。満員の観客の“馬場コール”の中、ロープをまたいでリング、いやステージ登場はテンションが上がりました。佐助クン、さとるさん、ロープ係ご苦労様でした(笑)。打上げも楽しかったです。最後はいつものおふざけ写真(右)。3人から一斉攻撃を受ける私。ところで、昨年「佐助に抜かれたら引退する」と宣言したポコパン(LINEのゲーム)ですが、抜かれてもまだしつこくやってます。佐助ちゃん、もう少しやらせてね(笑)。

ちなみに浜松ライヴを決めた後、ホテルを取ろうにもどこも一杯で、少し離れたホテルしか空いていませんでした。後で分かったのですが、この日と翌日の二日間「ONE OK ROCK」の野外ライヴが「渚園」であるのが原因でした。両日とも5万人動員したらしいのですが、いやはや住む世界が違いすぎるなあ。。ちくしょー、私だってそのうち、まあ5万人は無理でも、後楽園ホールくらいは一杯になるようになりたい〜。それでも2000人だから大変じゃね(笑)。