十紀夫語録

打田十紀夫オフィシャル・ブログ

Flower

Archive for 7月, 2019

レコ発第一弾、Back In Townライヴ大盛況!

新CD「ビヨンド・オールド・メモリー」発売記念第一弾、曙橋「バックインタウン」ライヴへのたくさんのご来場、本当にありがとうございました! 満員御礼の大盛況の中、私自身もハイテンションで楽しくライヴすることができました。皆様の声援、とても嬉しかったですよ〜。収録曲もたくさん披露しました。CDもたくさん買っていただいて、感謝感激! デュエット曲でサポートしてくれた弟子のMasatoクンもお疲れさん♪

   

さてレコ発ライヴ第二弾は、今週末7/27(土)和歌山「サラスバティ」で開催です。皆さまのご来場、心よりお待ちしています! 8月以降も全国各地でライヴ開催いたします(ライヴ予定詳細ページ → こちら)。CD収録曲を中心に、バラエティに富んだアコースティック・サウンドと楽しいトークを楽しんでいただきます。お近くの皆様のご来場、心よりお待ちしております!(ツアー・チラシの方には載ってませんが、8/10(土)には島村楽器浦和パルコ店のスタジオでライヴ&トークも開催です。

新CD「ビヨンド・オールド・メモリー」のリリースにあたり、以下の音楽雑誌にてインタビューが掲載されました。使用ギターの写真なども掲載されています。各誌とも違う切り口のインタビューです。ご覧くだされば幸いです。

ギターマガジン 8月号(リットーミュージック)…発売中
Acoustic Guitar Book 49(シンコー・ミュージック)…発売中
プレイヤー 9月号 …8/2発売

新CD「ビヨンド・オールド・メモリー」はライヴ会場の他、TABネットショップ(作品紹介ページ → こちら)をはじめ、amazon(こちらほかでも絶賛発売中です。よろしくお願いします!

充実の北海道(グルメ)ツアー2019でした〜♪

 釧路「喫茶えいが館」帯広「くつろぎの店 彩乃」札幌「Mellow」苫小牧「M’s Garden」小樽「A.LIVE」札幌「モダンタイム」旭川「アーリータイムズ」芦別「獏」と回った北海道巡業から無事戻りました。今年もとても充実したツアーでした。各会場へご来場くださった皆様、サポートしてくださった皆様、本当にありがとうございました! ライヴ開催にご尽力くださる各会場のオーナー、スタッフの皆様にも心から感謝です!
いつものように、北海道ツアーの写真を下にコメントとともにアップしました。ひとり巡業ですので、ライヴ写真は少ないのですが、ラーメンその他美味しいものの写真は満載です(笑)。ツイッターにアップした写真も多いですが、改めてご覧いただければ幸いです。

■  ■  ■  ■  ■  ■  ■

(→)6/27に東小金井を出発する際に、TAB女将おハルが撮ってくれた写真。ギター3本、大きなスーツケースの大荷物で、後ろ姿も結構壮絶ですね!(笑)

(←)釧路に到着して真っ先に急いだ先は「レストラン泉屋」。そして遂に、毎年必ず話題に上がる釧路のソウルフード「スパカツ」を食べることができました! これで釧路の皆さんにもっと寄り添うことができる気がします(笑)。

(→)「くしろ丹頂市場」内にある「らーめん工房 魚一(うおっち)」で食べた「カキ魚醤ラーメン」。さすがミシュランガイド北海道版に紹介されただけのことありますね!

(←)初日の釧路「喫茶えいが館」ライヴ終了後、長崎さんが2軒も連れて行ってくれました。この写真は1軒目の贅沢三昧写真! 箱入りのウニは、たぶん私ひとりで食べた気が。。ライヴ初日からぶっ飛ばして、尿酸値絶賛上昇中(笑)。

(→)釧路を発つ日に、やはり老舗「まるひら」へ行っちゃいました。往復で1時間も(坂道あり!)歩いて行ったので、大盛りを食べましたが、それは許されますね(笑)。

(←)帯広のホテルの玄米朝食。ヘルシーで美味しかったです! 帯広ライヴでは、会場の「くつろぎの店 彩乃」のママさんに今年も大変お世話になりました。

(→)札幌「Mellow」ライヴに来てくれたネイルカンパニーのエリコちゃんのFBから拝借した1枚。カッコよく撮ってくれてありがとう〜♪ マスターの松井さん、今年もお世話になりました!

(←)オフの日に、渡辺幹也さんが連れて行ってくれた「焼鳥ぼんち」で食べた名物〝チャップ〟。これは豚肩ロースのことだそうです。美味しくてお酒が進む進む!

(→)こちらの写真は、幹也さんが連れて行ってくれた2軒目「二合半」で食べたエゾシカとホルモン。エゾシカの串焼きは初めて食べましたが、とても美味しかったです。また食べたいな〜♪

(←)こちらは同じく「二合半」でいただいたチップの刺身です。チップって、ヒメマスのことだそうです。美味しかった〜。最初名前を聞いたときは、ポテトチップか何かかなあって思っちゃいましたが(笑)。

(→)幹也さんと2軒ハシゴして弾みがついた私は、締めにラーメンを提案。というわけで「味噌拉麺専門 けやき」へ。痛風の身ですが、やはりツアーに出ると暴走戦士になってしまいますね。。と、反省してますが後悔はしてません(笑)。

(←)札幌でのオフも終わり、次は苫小牧「M’s Garden」ライヴでしたが、なんと幹也さんが苫小牧まで車で送ってくれることに。その途中岩見沢へ足を伸ばし、80代のマスターがやってる老舗「らい久」へ寄りました。昨年来てずっと気になっていたお店です。店内にはこんな素晴らしい標語が! “めん食は長寿の秘訣”

(→)「らい久」で食べた味噌ラーメン大盛り。幹也さんの話によると、どうやら味噌にキウイや桃なども隠し味として加えているそうです。う〜ん、どうりで深い味だと思いました。

(←)北海道はラーメンのメッカ。この写真は、札幌の老舗「味の清ちゃん」で食べた「昔しラーメン・塩」の大盛り。このお店は大盛りが二玉なのですが、ペロリと完食。次回は、味噌やしょう油も食べたいなあ。お、そうか、大盛り(二玉)にしなければ、味噌(一玉)としょう油(一玉)を同時に行けることになるなあ(笑)。

(→)「味の清ちゃん」は、創業者でもある92歳のお母さんとその息子さん(それなりのお歳でした)のお二人でやられています。やっぱラーメンは健康の源ですね! 帰る際にお母さんがお見送りしてくれた写真です。来年も行きますので、どうかお元気で!

(←)小樽「A.LIVE」ライヴより。「A.LIVE」は昭和初期の建物を活用した素敵な空間です。ギタリストの浜田君夫妻も来てくれました。ガラス職人の馬場さんのところで仕事をされている台湾の若い女性が、私の還暦タオルを推しメンタオルのように振ってくれて嬉しかった〜♪ 小山内さん、今年もお世話になりました!

(→)小樽ライヴ終了後、幹也さんの車で札幌のホテルへ送ってもらう途中、念願の「だるま」へ。ジンギスカンはタレに漬け込むタイプも有名ですが、ここは生ラムが売りのお店です。ラム肉はヘルシーだし、玉ねぎもたっぷり食べられて罪悪感のない美味しさでした!

(←)幹也さんオススメの札幌つけ麺「風来堂」で食べた「味噌つけ麺(大盛り)」。つけ麺用替え玉(熱盛り)も頼みましたが、またまたペロリと完食! 還暦とは思えないこの食欲。ひょっとしたら計算間違いで、自分はまだ還暦ではないのかなと歳を数え直しましたが、やはり還暦でした(笑)。

(→)これも札幌の名店「飛燕」で食べた「魚介鶏塩白湯」。ライヴ前だからと大盛りでなく並で注文した大人の私でしたが、食べながら「大盛りにすればよかったなあ」と思っていました(笑)。

(←)昨年に続いての札幌「モダンタイム」ライヴの様子(その1)。カメラマンの方が写真を撮ってくれました。ありがとうございます。この写真は、たぶんジャイアント馬場さん声で挨拶しているところでしょうか?(笑)

(→)札幌「モダンタイム」ライヴの様子(その2)。小樽「A.LIVE」と札幌「モダンタイム」のライヴで、ブルースシンガーの渡辺幹也さんがボーカルでゲスト出演して、ブルースやゴスペル・ソングを熱唱してくれました。この日は、ラムジーズ店長の成澤さんや、数年前に閉店された「傷つく森の緑」の佐々木さんも駆けつけてくれて嬉しかったです。

(←)「モダンタイム」ライヴ終了後、「十万馬力」で幹也さん、柳谷さん、ミカちゃんと打上げ。この写真の七輪焼きをはじめ、だし巻き玉子、十割そばもとても美味しかったです♪

(→)旭川もラーメンのメッカ。旭川到着後ホテルに荷物を置いて、今回は全国的に有名な「青葉」へ向かいました。かなり昔に食べたことがあるのですが、他にも名店がたくさんあるので今回久しぶりの訪問でした。〝はたして味はどうなのか?〟分析しながら冷静に食べてみようと思っていたのですが、着ていたG馬場さんTシャツが店の大将の目に留まり、プロレス話で盛り上がってしまいました。。気が付いたら丼は空っぽでした(笑)。

(←)旭川「アーリータイムズ」ライヴも盛り上がりました。打上げもとても楽しかったです。この写真は、深夜2時頃の野澤マスターとの酔っ払い写真(笑)。

(→)北海道巡業の最終地は芦別。昨年に続いての「獏」でのライヴに、今回も芦別市会議員をやられている、レジェンドプロレスラー「将軍KYワカマツ」こと若松市政さんも来てくれました! 打ち上げでいただいたスパゲティや皆川さん差し入れの夕張メロンでリッチな気分になりましたぁ♪

(←)東京へ帰る飛行機が夜でしたので、車で旭川空港まで送ってくれる五十嵐さんにご無理言って、旭川ラーメンの名店「蜂屋」へ寄ってもらいました。痛風仲間の木村クンも合流し、皆んなが〝焦がしラード濃いめ〟で注文。私は健康を考えて白ネギをトッピング(笑)。

(→)ラーメン後もまだ時間があったので、五十嵐さんは「ぜるぶの丘」へ連れて行ってくれました。食べ物にしか目がいってなかった私ですが、ラベンダーも満開でようやく北海道らしい景色を満喫できました。

(←)東京の自宅にて。手にしているのは、芦別「獏」の西正マスターにいただいた、名店(天金・よし乃・青葉)のインスタント・ラーメン。「三食を一気に食べないでくださいね」と念を押されたのですが、一気に食べれそう(笑)。着ているのは、苫小牧「M’s Garden」ライヴでオープニングを務めてくれた「前田と永井」のオリジナルTシャツ!

■  ■  ■  ■  ■  ■  ■

さて、まもなく新しいCD「Beyond the Old Memories」が発売になります。それに伴い、“「Beyond the Old memories」発売記念ライヴ”が、7/21の東京「バックインタウン」、7/27の和歌山「サラスバティ」を皮切りに、全国各地で開催されます。ライヴ予定のページ(→こちら)にずらりその日程が上がっています。その昔、冷蔵庫にチョーヤ梅酒がいっぱい入っていると安心するというCMがありましたが、私の場合ライヴ・スケジュールがぎっしり入っていると安心するんです(笑)。TABネットショップ、amazonほか各ネットサイト、北海道ツアーの各会場で、新CD「Beyond the Old Memories」をご注文くださった皆さん、間も無くお届けできますのでちょっとだけお待ち下さいね。

You are currently browsing the 十紀夫語録 blog archives for 7月, 2019.