十紀夫語録

打田十紀夫オフィシャル・ブログ

Flower

Archive for the ‘未分類’ Category

新年のご挨拶 〜2011年を振り返って〜

皆さん、2012年、明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします!

昨年は、東日本大震災がこの国に非常に暗い影を落とした年でした。現在もまだまだ多くの方々が不安な気持ちで生活されている状況ですが、今年はすべてがいい方向に進みますように、心から願っています。

TABギタースクールも1991年の設立以来、20周年を迎えた年でした。幾多の試練を乗り越え、よくここまで持ちこたえたなあ(笑)。1月には、ギターを初めて以来の憧れだった“ラグタイム・ギターのパイオニア”デヴィッド・レイブマン、4月には“ケルティック・ギターの第一人者”トニー・マクマナスを招聘してライヴ・ツアーを開催しました。作品も、新しいCD『SAKURA』とその楽譜集、『ラグタイム・ギター改訂版』などリリースできたし、その発売記念ソロライヴ・ツアーや岡崎倫典さんとのジョイント・ライヴでも、いろんなところを回った1年でした。

10月に米ミシシッピー州グリーンウッドで開催されたWABG主催『ロバート・ジョンソン生誕100周年フェスティバル』に出演できたことも、大きな出来事でしたね。とても大きな刺激を受けることができた遠征でした。そして暮れには、元世界ジュニア・ヘビー級王者、渕正信さんとのライヴ&トークのコラボを開催。小学生以来のプロレス・ファンの私ですが、遂にプロレスラー(しかも超大物!)と一緒にリングに…、じゃなくてステージに立てたという快挙を成し遂げました(笑)。

そんな中、個人的にとても悲しいことがひとつありました。いつも私のライヴにご夫婦で来てくださっていたKさんの奥さまが、ご病気で亡くなったことです。生きていくということは、出会いもあれば、お別れもあることをつくづく実感しました。ライヴ会場でお会いしたときの明るい笑顔は決して忘れませんからね。

多くの方々にお世話になって乗り切った2011年…応援して下さった皆さまには、感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます! 2012年も変わらぬご支援をどうかよろしくお願いします。今年もいろんな企画を考えています。“闘うフィンガーピッカー”として、まだまだ頑張りますよ〜(笑)。

香山リカさんの本

普段、プロレス関係の本くらいしか読まない私ですが、久々に本を買って読みました。それはどんな本かというと、TVにもよく出ている有名な(しかも美人!)精神科医の香山リカさんが書いた「気にしない技術」(PHP研究所)という本(→)です。「The 21」というビジネス誌に連載されていた香山さんのコラムをまとめた一冊です。“ポジティヴでなければ前進できない”というプレッシャーから、今の時代特有の「うつ」を生んでしまう現代社会に対して、“はたしてそんなに前向きでなければならないのだろうか? もっとテキトーに生きてはいけないだろうか?”といった観点で、自らの診療経験を元に綴った本で、世知辛い今の世の中を生き抜くためのバイブルにもなりそうです。気になった方は是非どうぞ、オススメです。香山さんの軽いタッチの筆致に引き込まれ、あっという間に読破できますよ。

私自身はというと、かなりテキトーに生きている人間ですので(笑)、この本を読みながら「そう、そう、それでいいんですよね〜」と安心したり共感したり。それから、そもそも何故この本を買ったのか? それは、私の名前が出ているからなんです! 実は、香山さんは幼い頃からのプロレス・ファン(しかも、ジャイアント馬場さんファン!)で、この本の最後に全日本プロレスの渕正信選手のブログの一節が引用されているのです。(いい意味で)気楽な生き方をしている渕さんのブログは、肩ひじ張らず心温まる内容に多くのファンがいます。渕さんのそんな生き方がうまく表された回を、読者の皆さんへのメッセージとして最後に引用しているのですが、その中に私の名前が出ているんです。ひえ〜、うれピー! 柿ピー! よくぞ、その回のブログを引用してくれました! 香山さん、ありがとうございます!

twitter始めました!

遅ればせながら、twitterを始めました(ここ)。さっそくフォローしてくれた皆さん、ありがとうございます。大して有益なことはつぶやかないと思いますが(笑)、よろしくお願いします。

そもそも私は、新しいことに対する順応性に乏しいところがあるんです。インターネットというものが世に出始めた頃も、「なんか嫌な予感。。忙しくなりそう…」って思って、なかなか手を出しませんでした。mixiが流行りだした頃も、誘われても断ってましたし。結局、大阪のnogunoguしんちゃんに無理矢理入れられましたが(笑)

この「十紀夫語録」も、ホームページの中のひとつのページとして昔は地味にやってたのですが、パソコンおたくの息子のおかげで、今では見栄えだけは立派なブログになっています。最近は、facebookというのが結構流行っているようですが、これはまだ未知の領域です(うちの女将はやってますが…)。まあ、twitterを始めただけでも一歩前進ということですね。

このtwitter、たいていの人は携帯電話を使ってつぶやいているらしいのですが、私の携帯はインターネットにつながるようにしていないので、パソコンで書き込んでいます。ツアーのときも持ち歩いている比較的大きいこのノートパソコンは、2年ほど前に機材の下敷きになって液晶にヒビが入った惨めな姿のまま、相変わらず酷使されています。

twitterで「つぶやき」という「今」を伝えるには、やっぱり携帯でインターネットできた方が便利なのかなあ。iphoneとかいうオシャレなのも流行ってるみたいだし。でも、それも使いこなすの大変か。。。悩み多きアナログおやじですな(笑)。

疲れていると。。。

先ほど、近所のセブンイレブンに行って、いつものように東スポと缶コーヒーを買いました。お釣りとレシートを受け取ったあと、お釣りを小銭入れに入れながら、レシートを入り口横のゴミ箱に捨てて店を出る・・・いつも通りの行動パターンを取る予定が、なぜか歯車が狂ってしまい、小銭入れのほうをゴミ箱に捨ててしまいました(泣)。

お店のお姉さんにゴミ箱を開けてもらって、小銭入れは無事手元に戻りましたが、疲れていると予期せぬ行動をとってしまうものです。。。そういえばそのお姉さんが最後に「大丈夫ですか?」って声をかけてくれたけど、別に怪我したわけでもないし。よっぽどボーッとした表情だったのかも。いやはやトホホですな。。。

ギター・シェルターでナショナル改良

東日本大震災の傷跡は、いまだに癒されていません。被災された皆さんが、一日でも早く安らぎのある暮らしに戻れますように、心からお祈りしています。福島第一原発の事故も収束にはほど遠く、いまだ一進一退が続いております。水や食べ物への放射能の影響の話がニュースなどで取りざたされるようになって、皆さんもどこかに不安を抱えながら生活していることでしょう。3/11のあの地震がいろんなことを変えてしまったとつくづく感じます。

私も日々いろんな事が起きているのですが、なかなかブログを書けないでいました。ただでさえ、ブログの更新が滞り気味なのに、今回の震災でますます停滞してしまっていました。私自身も日々大変なことがたくさんありますが、被災された方々に比べればなんてことありません。頑張れるんだから頑張らなければと思います。

そんな中、先日、登戸の楽器屋さん「ギター・シェルター」に初めて伺いました。代理店をされているリパブリック・ギターをはじめ、渋好みの方には堪らないギター、ベースがずらり置いてあって、居心地の良い空間でした。何でお邪魔したかというと、私のナショナル・ギターの改良をしてもらいに行ったのです。最近の私のライヴにいらした方はご存じかも知れませんが、現在私のナショナルにはピエゾとマグネチックの2つのピックアップを付けているため、2つのラインを出しています。ピエゾの方は、エンドピンジャックをボディ内部から取り付けてあったのですが、Lace社のマグネチック・ピックアップからはジャックのケーブルがブラブラしたままになっていて、非常に使い勝手が悪かったのです。これを中で配線してもらってステレオ・ケーブル1本で、ボディから出せるようにしてもらいました。ブラブラがなくなって、いや〜ホントにすっきりしました。西村さん、飯田さん、お世話になりました!

その日は、南澤大介クンちにも初めて伺いました。彼の住んでいるのが海老名だから、登戸から近いだろうと勝手に思い込んでいたのですが、実際にはそう近くもなかったです。。。彼の愛犬トウテツくんには、怪しい人物に思われたのか、ワンワン吠えられました。でも、尻尾を振っていたから喜んでいたんでしょうね、きっと。そう、私は、子供と動物とオジサンには受けがいいはずなんです! 若い女性にはイマイチですが(笑)。南澤クン、お忙しいところお邪魔してゴメンね。

さて、まもなくトニー・マクマナスが来日します。「困難を抱えている日本のために平和的な音楽を弾きたい」と言ってくれています。皆さん是非、トニーの音楽を聴きに来てください。どうぞよろしくお願いします!(ツアーの詳細ページ

大地震からまもなく2週間

岡山、広島、博多と回った島村楽器スタジオ“ライヴ&トーク”ツアーから無事戻ってまいりました。ご来場くださった皆さま、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。東日本を襲った大地震で心が痛む中のツアーでしたが、お会いした皆さんに元気をもらった様な気がします。

大震災の傷跡は大きく、多くの尊い命が奪われました。何万人の方が家や家族を失い、多くがいまだ途方に暮れていらっしゃいます。私ができることは限られていますが、これからも支援と義務を果たしていきたいと思います。どうか一刻も早い復興と被災された方々の回復を心からお祈りしています。

また、大地震が原因で起きた福島原発のトラブルでは、多くの方は不安を感じる日々を余儀なくされています。復旧に携わっている関係者の皆さんのご苦労は計り知れないものがあると思いますが、どうか安心して暮らせる日々が一日でも早く来ますように!

今回の大震災のことは海外でも大きく報道されており、多くの友人やギタリストの方々からお見舞いのメールをいただきました。みんな心優しい方々ばかりでとても心配してくれています。赤十字に寄付された方や「こっちにしばらく疎開しては」と言ってくださる方もいて、本当に心温まる想いです。

そんな中、毎年4月に開催されるモリダイラ楽器主催『フィンガーピッキング・デイ』が予定通り開催されることが決定しました。毎年このイベントを楽しみにしている方も多く、このような状況においてアコースティック・ギター音楽が皆さんの心のよりどころとなればこんな嬉しいことはありません。また、TAB主催『トニー・マクマナス来日ツアー』も予定通り開催いたします。トニーも日本のことを心配してくれているミュージシャンのひとりです。彼の優しく美しい音楽が皆さんの心に届きますように。

トニー・マクマナスのサンプル音源(↓)
Tony McManus is playing Chalaneru and An Ciarraioch Mallaithe / Muireann’s Jig (from the CD『The Maker’s Mark』).

皆さん、大丈夫でしょうか!

今回の地震で東北地方や関東などでとても大きな被害が出ています。皆さんの安否がとても心配です。まだ余震なども続いており、予断を許さない状況ですので、二次災害も含めどうかこれ以上被害が大きくならないように祈っています。

私の方は、地震の時、TABの事務所(ビルの3階)にいました。大きな揺れを感じたので、CDの棚が倒れないように押さえていたのですが、そのうちに身の危険を感じるほど揺れ出しました。うかつに外に出るのも危険かと思いましたが、ニュージーランドの地震のことも頭をよぎって、ウチのかあちゃんとビルの1階まで降りて様子を見ていました。近所の人たちもたくさん出てきて、それはもう大騒ぎでした。

揺れが治まったので事務所に戻ると、部屋の中はギターが倒れているわ、本やCDや書類が散乱しているわ、めちゃくちゃでした。片付けようとするとまた揺れ始めたので、再び外に避難…この繰り返しでした。電車は止まっていましたが、自宅の方も心配でしたので、幡ヶ谷から東小金井まで歩いて帰ることを決意。三鷹まで歩いてようやくタクシーを拾えて、今は無事自宅にいます。ご心配してくださった皆さま、お気遣い本当にありがとうございました。

これを書いている間にも、いろんなところで地震が起きているようでとても心配です。どうか皆さん、身の安全にくれぐれも気を付けてください。

今年もよろしく!

2011年、明けましておめでとうございます。年甲斐もなく相変わらずハチャメチャやっている私ですが、皆さん、今年もどうかよろしくお付き合いください!

思い起こせば、昨年も色々ありました。ソロでのライヴ・ツアーでは、 昨年も全国各地いろんな街を回ることができました。ジョイント・ライヴ・ツアーでも、有田純弘さん、ダコタ・デイヴ・ハル、ダック・ベイカー、岡崎倫典さん、ミッシェル・オーモン…そうそうたる方々と一緒にやらせてもらいました。光栄なことです。ご来場くださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当に ありがとうございました。ライヴやアフター・ライヴで皆さま方と分かち合った時間は、とても楽しく掛け替えのないひとときでしたよ。あ、そうそう、アメリカにも2週間ほど行きましたね。向こうでのステファン・グロスマン師匠と熱いライヴも一生の思い出です。

さて、今年がどんな1年になるのやら。今年は、TABギタースクールを設立してから20周年を迎える年でもあります。TAB旗揚げの頃(1991年)から見ると、随分世の中も変わりました。あの頃はメールやインターネットなどなかった時代ですからねえ。まあ新年早々あまり「あの頃は〜」の話はやめておきましょう。今年も“今を生きる”をモットーに進んでいきたいと思います。まずは、1/6から始まるデヴィッド・レイブマンとの巡業(詳細)に全力を注ぎたいと思います。それにしても、私がギターを始めたときから憧れのギタリストだったレイブマン氏を「20周年記念ライヴ・シリーズ」に招くなんて、20年前の自分が知ったら卒倒するだろうなあ

この2週間を振り返っての久々の日記

まだまだ暑い日が続きそうですが、皆さん、夏バテされていないですか? 私ですか? ハイ、はっきり言って、バテバテです。。。

それにしても、前回のこのブログの更新(8/13)からあっという間に2週間も経ってしまったんですねえ。その間ツアーには出ていませんでしたが、なんだかんだとバタバタしていました。よく「ギターたくさん抱えて地方を回るのは大変ですね」と言われるのですが、全然そんなことはなく、巡業はどんなにハードでも楽しいですよ〜。東京にいるときの方が色んな雑務に追われ、慌ただしい気がします。

この2週間何やってたかなあ。。。振り返ってみると。。。
お、そうだ、1本ライヴがありました。8/15(日)に島村楽器大宮ロフト店で開催された「ライヴ&トーク」です。埼玉は東京から近いこともあって、ライヴをする頻度は比較的少なく、大宮ロフト店も前回伺ってから約10年ぶりくらいで、懐かしかったです。「あの日から10年も歳とったのかあ」と一杯やりながら感慨に浸りたかったところですが、日帰りの仕事でしたので片付けが終わったら、ギター3本と機材を入れたスーツケースを抱えて電車に飛び乗り、幡ヶ谷の事務所に戻りました。お盆休みの中、参加してくれた皆さん、本当にありがとう! ああやって皆さんの前ではしゃいでいるのが、私は一番楽しいんですよ。またライヴに来てね〜!

それから、8/20の深夜には私の英語インタビューが再放送されました。本場ミシシッピー・デルタのラジオ局「WABG AM960」で、私の愛弟子の友ちゃんがDJとして活躍していることは先日ブログでご紹介しましたが、その友ちゃんの計らいで、6月に放送されたインタビューを再放送してくれたんです。ロバート・ジョンソンはこう弾いた」やら「トミー・マクレナンはこんなスタイルだ」などとギターを弾きながら、英語でのマニアックなブルース談義。英語を話している自分の声が(インターネット経由で)海外のラジオ局から聞こえてくるというのも、どことなく気恥ずかしい気もしますが、しかしなんといってもブルースのメッカ、ミシシッピー・デルタのラジオ局ですよ〜! これもちょっとした、ひとつの快挙なのかなあとうれしかったです。聞いてくれた皆さん、ありがとうございました! これも友ちゃんのおかげです。ホントにありがとう! 9月末に無事元気に帰ってきてね!

あ、もうひとつ、ここで書いておくことを思い出しました。今月上旬の札幌「楽天舎」ライヴにご来場くださったWさんへの個人的なご連絡です。メール・アドレスが分からなかったので、ここで告知させてください。ステファン・グロスマンが飼っている猫ちゃんの品種を知りたいとのことでしたね? 本人に訊いたところ「Maine Coon」だとのことです。Wさんの飼われている猫ちゃんと同じでしたか? 2年前にステファン宅にお邪魔したときの写真をアップしておきます。お利口さんのカワイイ「マッキーくん」で〜す♪

友ちゃん、ミシシッピーで活躍中!

TABギタースクールの生徒さんの“友ちゃん”こと保科友美さんが、只今、米国ミシシッピーのブルース・ラジオ局「WABG AM960」にて、DJとして活躍中です。ブルースに対して深い愛情を持つ彼女は、以前もミシシッピーを訪れていて、素敵な写真をたくさん撮ってきてくれ、そのうちの何枚かを私のホームページでも紹介したことがありました(2008年8月の十紀夫語録→こちら)。今回もとてもエキサイティングな毎日を過ごしているようです。彼女が送ってくれた写真を、ここで1枚ご紹介しておきましょう。エルモア・ジェイムスJr.さんのご家族との写真です。真ん中が友ちゃんで、左側がエルモアJr.(すなわちエルモアの息子さん)、右側がその息子さん(すなわちエルモアのお孫さん)です! ブルースの本場でその伝統と伝説にこんなにも身近に接しているとは、いやはやなんとも凄いではありませんか!

友ちゃんは、T(ティー)の愛称で、昼の番組を担当しています。日本時間だと、深夜の2時くらいからのオンエアになります。それ以外の時間でも度々登場していますよ!「WABG AM960」のHP(こちら)からインターネット経由で聴けますので、是非アクセスしてお聴きください。たまに日本語も少し交えた彼女の素敵なMCと、エキサイティングなブルース・ナンバーがたくさん聴けますよ。ミシシッピーで頑張る友ちゃんを、皆さん、どうか応援してやってください。私の曲もたまにかけてくれています。6月に一度オンエアされた、私の英語インタビューも8/20の深夜2時ごろ(正確には8/21ですね)に再放送される予定です。そちらもお楽しみに!

You are currently browsing the archives for the 未分類 category.